個人指導 内容

 一人一人の目的・目標・棋力によって異なります。

 入門クラスの方であれば、まずは駒の動かし方からスタートして囲いや戦法の形、その駒組手順に少しずつ入っていきます。

 級位クラスともなれば、定跡を覚えていったり棋譜並べによる検討をしてみたりと、より深い知識を学んでいくことになります。しかし、年少の子たちが一人で棋書を読んでいくのは難しいことですので講師自身が参考棋譜を書いたり、口頭で説明しながら定跡を学習するといった方法で学んで頂くことができます。又、自作の次の一手問題や実戦詰将棋を出題致します。

 有段クラスの方で、腕試しの対局も喜んでお引き受け致します。学ぶところがあれば、是非ご入会ください。新しい趣向が見えてくることでしょう。
 特定の手割合に対する指し方も、ご希望あればお伝えいたします。

 大きく分けると、指導内容は座学の形式と実戦形式の2つに分かれます。

 初回体験の際に、ある程度の棋力の判定は致しますのでその結果をもとに次回からの指導内容を検討することが多いですが、なるべく本人のご希望に沿った将棋指導の形を。と考えておりますので「実戦を多く指したい」、「定跡の理解を深めたい」などご希望ございましたら遠慮なくお申し出ください。

・棋力の向上に伴い、ご希望される方には級位認定及び参段位までの推薦申請を致します。詳しくは、お問い合わせ下さい。